DI Onlineのロゴ画像

カウンターに設置した透明シールド

2020/04/15

 新型コロナウイルスの感染拡大について連日報道されていますが、2020年4月7日、遂に7都府県に緊急事態宣言が発出されました。私の住む長野県諏訪地方でも感染者の報告があり、身近に迫っていることを感じます。今回は私の薬局で行っている感染対策についてご紹介したいと思います。

 感染の拡大を防ぐためには“三密”を避けることが大切だと言われています。最も手軽にできることは換気です。この時期の長野県はまだ寒さを感じる日もあり、窓やドアを常時開放というわけにはいきませんが、1~1.5時間に1回程度ドアを全開にし、空気の入れ替えを行っています。また小さなことかもしれませんが、これまで常時「弱」にしていた24時間換気システムを「強」に変更しました。

著者プロフィール

熊谷信(薬剤師・ブロガー)
くまがい しん氏 信州大学経済学部を卒業後、自動車ディーラーの職に就くが、「自分で薬局を開きたい」との思いから、社会人入試を経て東邦大学薬学部へ入学。卒業後、くまがい薬局を開局したが、3年4カ月で廃業し、勤務薬剤師に。2014年4月、長野県諏訪市にららくま薬局を開局。

連載の紹介

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
ららくま薬局(長野県諏訪市)を開設し患者と向き合っている熊谷氏が、日々の業務やニュースから感じ取ったことを現場目線で書きつづります。本人のブログ「薬局のオモテとウラ」も好評連載中です。

この記事を読んでいる人におすすめ