中央社会保険医療協議会(中医協)において、2020年度調剤報酬改定に向けた具体的な議論が始まりました。既に話題になっていますが、薬局に大きな影響を与えそうなのが、調剤料の見直しです。これまでの改定でも、部分的な見直しはありましたが、今回が実質的な第一弾でしょうか。いよいよ大掛かりなものになりそうです。

調剤料の引き下げ分は対人業務に振り替えての画像

ログインして全文を読む