DI Onlineのロゴ画像

それなりに痛いかも、調剤料の“減額”

2016/03/15

 2016年度の調剤報酬改定については、技術料はプラス改定ながらも、薬局にとっては手放しで喜んでいられる状況でないのは、多くの人がお感じのことと思います。2025年に向けて、薬局に求められるものが多様化、高度化していることはもちろんあるのですが、昨年の薬歴未記載や無資格調剤の問題による「負の遺産」も大いにあるのではないでしょうか。

 今回の改定では「かかりつけ薬剤師」に目が行っており、その他の部分があまり注目されていません。しかし、通知などによく目を通してみると、いろいろと新たに規定されていることがありました(《通知》調剤報酬点数表に関する事項【2016年3月4日保医発0304第3号別添3】)。2つのポイントを取り上げたいと思います。

 まずは3ページにある、内服薬に関する以下の記述です。

著者プロフィール

熊谷信(薬剤師・ブロガー)
くまがい しん氏 信州大学経済学部を卒業後、自動車ディーラーの職に就くが、「自分で薬局を開きたい」との思いから、社会人入試を経て東邦大学薬学部へ入学。卒業後、くまがい薬局を開局したが、3年4カ月で廃業し、勤務薬剤師に。2014年4月、長野県諏訪市にららくま薬局を開局。

連載の紹介

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
ららくま薬局(長野県諏訪市)を開設し患者と向き合っている熊谷氏が、日々の業務やニュースから感じ取ったことを現場目線で書きつづります。本人のブログ「薬局のオモテとウラ」も好評連載中です。

この記事を読んでいる人におすすめ