DI Onlineのロゴ画像

電子版お薬手帳、始めました。

2014/07/30

 このところ、電子版お薬手帳に関する話題が続いていますね。大手チェーン薬局が全国的な導入を視野に入れていたり、ソニーやパナソニック ヘルスケアが参入したり。また栃木県薬剤師会が電子版お薬手帳の実証実験を始めるということも報じられています。

 ひとくちに「電子版お薬手帳」と言っても、多くのメーカーから様々な方式の電子版お薬手帳が開発されていますので、正直なところ、現段階で良し悪しを判断するというのは難しいですし、時期尚早でしょう。ただ、だからといって高みの見物を決め込んでいても、置いてきぼりを食らうだけ。

 そんなこんなで、私の薬局でも、電子版お薬手帳を始めました! 導入したのは「pharumo(ファルモ)」というクラウド型の電子版お薬手帳です。導入の様子をブログで紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

【薬局のオモテとウラ】電子お薬手帳ファルモ[導入編]

 正直なところ、導入するまで分からないことだらけです。レセコンにちゃんとつながるかどうか、セキュリティは大丈夫なのかどうか、どういう形で運用をしていけばいいのか……等々、頭の中は「???」で埋め尽くされました(笑)。

著者プロフィール

熊谷信(薬剤師・ブロガー)
くまがい しん氏 信州大学経済学部を卒業後、自動車ディーラーの職に就くが、「自分で薬局を開きたい」との思いから、社会人入試を経て東邦大学薬学部へ入学。卒業後、くまがい薬局を開局したが、3年4カ月で廃業し、勤務薬剤師に。2014年4月、長野県諏訪市にららくま薬局を開局。

連載の紹介

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
ららくま薬局(長野県諏訪市)を開設し患者と向き合っている熊谷氏が、日々の業務やニュースから感じ取ったことを現場目線で書きつづります。本人のブログ「薬局のオモテとウラ」も好評連載中です。

この記事を読んでいる人におすすめ