DI Onlineのロゴ画像

あなたは解ける?今年の薬剤師国家試験

2013/03/19

 第98回の薬剤師国家試験が3月2~3日にかけて行われました。受験生の皆さん、お疲れさまでした!手応えはいかがだったでしょうか。合格発表は3月29日ということで、もう間もなくです。残りわずかの学生生活を満喫し、そして4月からの新しい生活に備えるべく、慌ただしい毎日を過ごしているのかもしれません。

 そういえば、私が国家試験を受験した頃、合格発表は4月に入ってからでした。当時、職場のパソコンで自分の受験番号を確認したことを今でも覚えています。就職した後で合否が分かるというのは、何とも落ち着かない気分だったと思いますが、今は年度内に結果が分かるのですね。

 ところで、その国家試験の内容をチラッと見てみました。6年制になったこともあり、実務の部分がとても多くなった印象を受けました。いくつか気になった問題を紹介したいと思います。

問266(実務)
後発医薬品に関する説明として、誤っているのはどれか。1つ選べ。
1 先発医薬品と有効成分が異なることがある。
2 先発医薬品と添加物が異なることがある。
3 承認を受けた効能・効果は先発医薬品と異なることがある。
4 先発医薬品にはない剤形のものがある。
5 先発医薬品に比べて味が工夫され飲みやすくなっている薬剤がある。

著者プロフィール

熊谷信(薬剤師・ブロガー)
くまがい しん氏 信州大学経済学部を卒業後、自動車ディーラーの職に就くが、「自分で薬局を開きたい」との思いから、社会人入試を経て東邦大学薬学部へ入学。卒業後、くまがい薬局を開局したが、3年4カ月で廃業し、勤務薬剤師に。2014年4月、長野県諏訪市にららくま薬局を開局。

連載の紹介

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
ららくま薬局(長野県諏訪市)を開設し患者と向き合っている熊谷氏が、日々の業務やニュースから感じ取ったことを現場目線で書きつづります。本人のブログ「薬局のオモテとウラ」も好評連載中です。

この記事を読んでいる人におすすめ