DI Onlineのロゴ画像

なぜ医学会はスイッチ化を反対したのか

2011/04/19

 OTC薬に対して、このコラムをお読みの薬剤師の皆さんはどんな考えをお持ちでしょうか。ここ数年の流れを見てみますと、医療用医薬品をOTC薬へ転用する、いわゆる「スイッチ化」の流れが加速しており、2008年からスイッチ化を推進する新たなスキームも始まりました。その中で毎年繰り広げられているのが、「高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病に対する薬を薬学会が候補成分として選ぶも、医学会がスイッチに反対したためにOTC薬にならず」という展開です。

著者プロフィール

熊谷信(薬剤師・ブロガー)
くまがい しん氏 信州大学経済学部を卒業後、自動車ディーラーの職に就くが、「自分で薬局を開きたい」との思いから、社会人入試を経て東邦大学薬学部へ入学。卒業後、くまがい薬局を開局したが、3年4カ月で廃業し、勤務薬剤師に。2014年4月、長野県諏訪市にららくま薬局を開局。

連載の紹介

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
ららくま薬局(長野県諏訪市)を開設し患者と向き合っている熊谷氏が、日々の業務やニュースから感じ取ったことを現場目線で書きつづります。本人のブログ「薬局のオモテとウラ」も好評連載中です。

この記事を読んでいる人におすすめ