DI Onlineのロゴ画像

OTC薬ネット販売の規制仕分けで何が動いた?

2011/03/08

 3月6日、行政刷新会議が行う「規制仕分け」で、「OTC薬のインターネット販売に対する規制」についての議論が行われました。

 その様子は、Ustream.tvやニコニコ生放送といった中継協力事業者によって、リアルタイムでネット中継されました。私も2時間しっかりパソコンの前にかじりついていたのですが、リアルタイム中継を見る一方、Twitterでは会場の様子やそれを見ている人の感想がつぶやかれていました。いやはや、スゴイ時代になったものです。

 規制仕分けの様子は、録画が残されており、現在もウェブサイト上で見ることが可能です。
Ustream.tv:WG-A 一般用医薬品のインターネット等販売規制

 さて、肝心の仕分けの内容についてなのですが、評価結果が公表されています。その概要の部分だけ、抜粋します。
行政刷新会議:規制仕分け詳細と結果速報(3月6日分)

改革の方向性:
安全性を確保する具体的な要件の設定を前提に、第三類医薬品以外についても薬局・薬店による郵便等販売の可能性を検討する。
留意点:
上記検討の結論が得られるまでの間、経過措置を延長する。また、第一類から第三類のリスク区分についても、不断の見直しを行う。

著者プロフィール

熊谷信(薬剤師・ブロガー)
くまがい しん氏 信州大学経済学部を卒業後、自動車ディーラーの職に就くが、「自分で薬局を開きたい」との思いから、社会人入試を経て東邦大学薬学部へ入学。卒業後、くまがい薬局を開局したが、3年4カ月で廃業し、勤務薬剤師に。2014年4月、長野県諏訪市にららくま薬局を開局。

連載の紹介

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
ららくま薬局(長野県諏訪市)を開設し患者と向き合っている熊谷氏が、日々の業務やニュースから感じ取ったことを現場目線で書きつづります。本人のブログ「薬局のオモテとウラ」も好評連載中です。

この記事を読んでいる人におすすめ