DI Onlineのロゴ画像

PTPの誤飲を防ぐハサミの入れ方

2010/09/22

 9月15日、独立行政法人国民生活センターがPTP包装シートの誤飲事故についての報告書を公表しましたが、それを受けて厚生労働省が注意喚起を行っています。先日、DIオンラインでもニュースになっていました。

【関連リンク】
独立行政法人国民生活センター:注意!高齢者に目立つ薬の包装シートの誤飲事故
厚労省:PTP包装シート誤飲防止対策について
DIオンライン:「調剤時のPTPシート切断」も誤飲を誘発!

 厚労省の注意喚起文書の中では、PTP包装シートの誤飲防止対策として、3点が挙げられています。要約しますとこんな感じになります。

(1)調剤および与薬時、不必要にハサミなどで一つずつに切り離さない
(2)PTP包装シートの誤飲がないよう、十分指導すること
(3)必要に応じて一包化による調剤を検討・実施すること

著者プロフィール

熊谷信(薬剤師・ブロガー)
くまがい しん氏 信州大学経済学部を卒業後、自動車ディーラーの職に就くが、「自分で薬局を開きたい」との思いから、社会人入試を経て東邦大学薬学部へ入学。卒業後、くまがい薬局を開局したが、3年4カ月で廃業し、勤務薬剤師に。2014年4月、長野県諏訪市にららくま薬局を開局。

連載の紹介

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
ららくま薬局(長野県諏訪市)を開設し患者と向き合っている熊谷氏が、日々の業務やニュースから感じ取ったことを現場目線で書きつづります。本人のブログ「薬局のオモテとウラ」も好評連載中です。

この記事を読んでいる人におすすめ