DI Onlineのロゴ画像

クイズ「このOTC薬、第何類?」

2009/12/25

 今年最後となりました「薬剤師的にどうでしょう」です。コラムをご覧いただいた皆さま、コメント欄にご意見を下さった皆さま、どうもありがとうございました。2010年も何卒よろしくお願いいたします。

 さて、今年の薬剤師業界重大ニュースを挙げるとすれば、多くの人が6月の「改正薬事法の施行」と答えるでしょう。薬事法の改正で、OTC医薬品がリスクに応じて3段階に分類されたことは、販売時の対応に大きく影響したことと思います。

 どの製品が第何類の医薬品なのかということは、新しいパッケージには表示されていますので、普段困ることはまずありません。しかし、とっさの時にパッケージを見なくても答えられるのが薬剤師というもの!

 今回はライトな企画です。これから幾つか製品名を挙げますので、その製品が第何類か、ぜひ当ててみてください。

(1)アセス
(2)オロナインH軟膏
(3)ザーネクリーム
(4)トランシーノ
(5)バポナ殺虫プレート
(6)新ビオフェルミンS
(7)ビオフェルミン便秘薬
(8)パンビタンハイ
(9)ポポンS

解答は次のページです。

著者プロフィール

熊谷信(薬剤師・ブロガー)
くまがい しん氏 信州大学経済学部を卒業後、自動車ディーラーの職に就くが、「自分で薬局を開きたい」との思いから、社会人入試を経て東邦大学薬学部へ入学。卒業後、くまがい薬局を開局したが、3年4カ月で廃業し、勤務薬剤師に。2014年4月、長野県諏訪市にららくま薬局を開局。

連載の紹介

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
ららくま薬局(長野県諏訪市)を開設し患者と向き合っている熊谷氏が、日々の業務やニュースから感じ取ったことを現場目線で書きつづります。本人のブログ「薬局のオモテとウラ」も好評連載中です。

この記事を読んでいる人におすすめ