胃潰瘍は、胃粘膜に対する攻撃因子と防御因子のバランスが崩れて攻撃因子が強くなり過ぎた状態になり、胃酸やペプシンにより胃が侵食され、潰瘍が生じた状態です。漢方では、六腑の1つである胃の機能の失調や陰液の不足を正常化させることにより、胃潰瘍の根本治療を行います。

胃潰瘍の考え方と漢方処方の画像

ログインして全文を読む