乾癬は、皮膚が赤くなって盛り上がり、その表面を銀白色の細かいかさぶたが覆い、それがフケのように剥がれ落ちる尋常性乾癬などの総称です。漢方では、乾癬による「病変の証」と、乾癬が生じた根本にある患者の体質という全体的な証の両方をみて、治療を進めます。

乾癬の考え方と漢方処方の画像

ログインして全文を読む