DI Onlineのロゴ画像

アトピー性皮膚炎に効く漢方(1)
アトピー性皮膚炎の考え方と陰液を補う漢方処方

2011/06/21

山梔子(サンシシ)
アカネ科の常緑低木コリンクチナシGardenia jasminoides の果実。
清熱、解毒、抗菌作用があり、炎症や感染症に用いられます。黄疸にも使われます。
(写真:室川イサオ)

 アトピー性皮膚炎は、漢方薬が処方されることが多い疾患のひとつです。ステロイド外用薬での治療中、ある程度症状が落ち着いてきたときに、「治った」と思って薬を中断し、その結果また症状が悪化する、ということがよくあります。そういう再発を繰り返すうちに、アトピー性皮膚炎を根本的に治したい、体質改善をしたい、と思うようになり、漢方薬にたどり着く人が多いように思います。

 この病気の特徴は、かゆみが強いことです。寝ているあいだにも無意識に患部をかいてしまうので、皮膚の状態がわるくなり、皮膚炎が悪化します。この悪循環を断たないと、アトピー性皮膚炎はなかなか治りません。

 かゆみの原因は、主に皮膚の乾燥、および皮膚のバリア機能の低下です。バリア機能というのは、外界からの刺激に対して皮膚が人体を守る免疫機能のことで、皮膚の重要な役割のひとつです。

 アトピー性皮膚炎の人は、そのバリア機能が低下している、つまり皮膚がデリケートで敏感になっているようです。皮膚の一番外側にある角質層がもろくなっており、ちょっとした刺激ですぐに皮膚の末梢神経が反応するような状態です。そこにハウスダストやダニ、ほこり、花粉、細菌、排気ガス中の化学物質などが付着すると、過敏に皮膚が反応して、炎症が生じてしまいます。

 さらにわるいことに、炎症そのものがバリア機能をさらに低下させます。したがって、ますます外気の刺激に過剰に反応し、皮膚炎が悪化しやすくなります。

 アトピー性皮膚炎の症状は、さまざまです。肘の内側や膝の後ろが、冬の乾燥や夏の汗の刺激でかゆくなる軽度のものから、朝起きるとシーツにむけた皮膚の断片がたくさん落ちるほど皮膚の落屑(らくせつ)が激しい人、全身の皮膚が象の皮のようにごわごわと硬く赤黒くなっている人など、多種多様です。

 このような症状に対し、漢方は、重症だから強い薬、軽症だから弱い薬という選び方をするのではなく、ほかの病気と同様、患者さんの体質に合わせて処方を判断します。

 基本的な体質は、「陰虚(いんきょ)」体質です。体液が不足しており、肌が乾燥し、刺激に対して敏感になっています。アトピー体質と深い関係にあります。漢方は、そのアトピー体質そのものの改善を図ろうとする薬です。

 漢方では「気」の流れや量を重視しますが、気の機能のひとつに「防御作用」があります。体表を保護して、病邪が体内に侵入してくるのを防ぎます。この気を「衛気(えき)」といいます。

 バリア機能は、衛気そのものです。衛気が不足すると、バリア機能が低下します。アトピー性皮膚炎の人は、衛気が弱っているといえます。

 陰虚症になると、この衛気の働きが弱くなります。陰虚以外にも、気虚や血瘀(けつお)、血虚、血熱、湿熱など、さまざまな証で、衛気の不足と関連し合いながら、アトピー性皮膚炎が生じます。今回は、それらのうちのいくつかを症例で紹介します。

著者プロフィール

幸井俊高(「薬石花房 幸福薬局」代表)
こういとしたか氏。東京大学薬学部卒業。北京中医薬大学卒業。ジョージ・ワシントン大学経営大学院修了。1998年、中国政府より中医師の認定を受け、日本人として18人目の中医師となる。2006年に「薬石花房 幸福薬局」を開局。『漢方でアレルギー体質を改善する』(講談社)『男のための漢方』(文春新書)など著書多数。

連載の紹介

幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
東京の老舗高級ホテル「帝国ホテル」内で、完全予約制の漢方薬局を営む幸井氏。入念なカウンセリングを行い、患者一人ひとりに最適な漢方薬を選んでくれる薬局として、好評を博している。これまで多くの患者と接してきた筆者が、疾患・症状ごとに症例を挙げて、漢方薬の選び方と使い分けについて解説する。

この記事を読んでいる人におすすめ