セロトニン症候群は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などのセロトニン系薬において出現する副作用であり、振戦、発汗、頻脈、不安、興奮などの症状を呈する。副作用の発現は、服用開始あるいは増量後が多いとされている。今回はオピオイドの中で、セロトニン再取り込み阻害作用を有するものを紹介する。

オピオイドによるセロトニン症候群の画像

ログインして全文を読む