オピオイドは、主に腸神経のμ受容体を活性化し、小腸と大腸の緊張性収縮の増加、結腸液の吸収の増加および便の乾燥をもたらすため、オピオイド誘発性便秘(OIC;opioids-induced constipation)を引き起こす。また、オピオイドは、肛門括約筋の緊張を増加させると考えられている。

オピオイドによる便秘にナルデメジンの画像

ログインして全文を読む