オピオイド薬は主に肝臓で代謝されるため、肝機能障害時には血中濃度が上昇する。いずれのオピオイドも減量するか投与間隔を空け、慎重に投与する。

オピオイドは肝代謝型、肝機能障害時は減量をの画像

ログインして全文を読む