DI Onlineのロゴ画像

「算定要件ありき」の対応になっていませんか?

2019/11/11
菅野 敦之
「算定要件ありき」の対応になっていませんか?の画像

 「今日はどんな症状でかかりましたか?」「今日の血糖値(血圧)はいくつでしたか?」「ご自宅にお薬は余っていませんか?」――。来局した患者さんに必要事項を確認しようとして、「医者に話してあるから!」と口を閉ざされてしまった経験のある薬剤師は、少なくないのではないでしょうか。

著者プロフィール

菅野敦之(明治薬科大学薬学教育研究センター地域医療学准教授)かんの のぶゆき氏 1984年帝京大学薬学部卒業。86年同大大学院薬学研究科修了。製薬会社を経て、中堅薬局チェーンに入社。事業部長、執行役員薬事部長などを経て、2012年より現職。

連載の紹介

対人業務の悩みをスッキリ「実践!患者考」
薬局で患者に対応する際、薬剤師が留意すべきポイントについて、実際に遭遇することの多いエピソードを交えて解説します(本連載は、「日経ドラッグインフォメーション プレミアム版」2018年1月号~19年3月号で連載した同名コラムの転載です)。

この記事を読んでいる人におすすめ