DI Onlineのロゴ画像

ティーエスワンの服薬指導、正しいものは?

2021/12/27
伊東 明彦=明治薬科大学特任客員教授、薬剤師

 9月の本連載に登場した胃癌で手術を行ったSさんですが、その後、胃癌術後のアシドーシスも何とか乗り越え、無事退院が決まりました。退院に向けて、ティーエスワン配合OD錠(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)による術後補助化学療法を行うこととなりました。

 術後補助化学療法について、病棟薬剤師がしっかり説明・指導を行う必要がありますね。Sさんが退院後の治療と生活を問題なく続けられるように。再入院してくることのないように!!

著者プロフィール

伊東明彦(明治薬科大学特任客員教授)いとう あきひこ氏 1978年星薬科大学卒業。東京女子医科大学病院薬剤部を経て、2005年に明治薬科大学薬学部 薬学科教授、2019年4月より現職。薬学教育協議会の専務理事・業務執行理事、病院・薬局実務実習関東地区調整機構事務局長を務める。

連載の紹介

伊東明彦の「解けるか?薬学生!」
明治薬科大学で卒業試験の問題をつくっていた伊東氏。ときに難題を出題して薬学生を悩ませていたが、その心には「薬剤師国家試験をパスするだけでなく、将来、薬剤師として現場で困らないようにしてあげたい」という願いがあった。同様に、本コラムでの出題を通して、全国の薬学生にエールを送る。

この記事を読んでいる人におすすめ