DI Onlineのロゴ画像

東京大学医学部附属病院薬剤部副薬剤部長 大野 能之 氏
「添付文書に書いてあるから」でなく薬のプロとして副作用を判断しよう

2020/07/27

 雑誌「日経ドラッグインフォメーション プレミアム版」7月号の特集「3つのアクションで考える 副作用マネジメント」に関連して、医薬品情報・薬物動態に詳しい東京大学医学部附属病院の大野能之氏に、副作用モニタリングに関わる薬剤師が習得すべきスキルや、添付文書を活用する上での注意点について聞いた。(聞き手は本誌編集長、井田 恭子)


連載の紹介

Interview
薬局、薬剤師にとって“旬”なテーマを取り上げ、その分野のオピニオンリーダーや専門家にインタビューします。〔このコラムは月刊誌「日経ドラッグインフォメーション」に掲載されている同名のコラムの転載です。本コラムに関するご意見・ご要望は、「お問い合わせフォーム」にてお送りください〕

この記事を読んでいる人におすすめ