厚生労働省が2019年5月、薬剤師の需給予測に関する研究報告書を公開した。薬剤師の業務が現在と変わらないとすると、長期的に薬剤師は余ると予測。現場の薬剤師は、この報告書をどう読み解けばよいのか。研究を取りまとめた名城大学薬学部教授の長谷川洋一氏に聞いた。(聞き手は本誌編集長、佐原 加奈子)

薬剤師需給予測は“警笛” 、新たな取り組みで需要を増やせの画像

ログインして全文を読む