診療報酬改定の減算によって、不眠患者へのベンゾジアゼピン(BZ)系薬の処方は本当に減っているのか。BZ系薬の処方動向とともに、BZ系薬の適正使用に向けて薬剤師に期待することを、東京女子医科大学医学部精神医学講座准教授の稲田健氏に聞いた。(聞き手は本誌編集長、佐原 加奈子)

不眠患者が抱える不安に応えて、BZ系薬の適正使用に貢献をの画像

ログインして全文を読む