DI Onlineのロゴ画像

高度薬学管理機能を発揮するには、副作用モニタリングと薬薬連携が必須
アインホールディングス常務取締役 大石 美也 氏

2019/05/01

医薬品医療機器等法(薬機法)改正案には、かかりつけ機能を持つ「地域連携薬局」と、高度薬学管理機能を持つ「専門医療機関連携薬局」の認定制度が盛り込まれている。アインホールディングス(札幌市白石区) 常務取締役の大石美也氏に、敷地内薬局の位置付けを含めた高度薬学管理機能について聞いた。(聞き手は本誌編集長、佐原 加奈子)


連載の紹介

Interview
薬局、薬剤師にとって“旬”なテーマを取り上げ、その分野のオピニオンリーダーや専門家にインタビューします。〔このコラムは月刊誌「日経ドラッグインフォメーション」に掲載されている同名のコラムの転載です。本コラムに関するご意見・ご要望は、「お問い合わせフォーム」にてお送りください〕

この記事を読んでいる人におすすめ