DI Onlineのロゴ画像

神戸大学医学部附属病院薬剤部長 平井みどり氏
多剤併用の解消は薬剤師しかできない
今こそ期待に応えよ

多剤併用の解消は薬剤師しかできないの画像

特に高齢者で問題となりやすい多剤併用(ポリファーマシー)の解消に取り組む神戸大学医学部附属病院。そこでは薬剤師の貢献が高く評価されている。病院薬剤師の取り組みを参考に、薬局薬剤師は何をすべきか。同院薬剤部長で神戸大学大学院医学研究科薬剤学分野教授の平井みどり氏に聞いた。

連載の紹介

Interview
薬局、薬剤師にとって“旬”なテーマを取り上げ、その分野のオピニオンリーダーや専門家にインタビューします。〔このコラムは月刊誌「日経ドラッグインフォメーション」に掲載されている同名のコラムの転載です。本コラムに関するご意見・ご要望は、「お問い合わせフォーム」にてお送りください〕

この記事を読んでいる人におすすめ