健康サポート薬局制度が始まり3年になる。登録薬局数の伸びは鈍いが、最近は少しずつ増えてきているようだ。薬局が、処方箋を持たない地域住民にとっても身近な存在となることは、良いことだ。筆者の薬局でも先代の頃は、OTC薬や生活雑貨の販売が中心で、健康上の困り事を抱えた人が、薬局に相談に来てOTC薬などを買っていく姿が日常的に見られた。

調剤中心の薬局が目指すべき健康サポート薬局の姿とはの画像

ログインして全文を読む