生活保護法の一部改正が、2018年6月1日に可決され、同月8日に公布された。医師または歯科医師が医学的知見に基づき後発医薬品の使用を認めた場合、生活保護を受給する患者については、後発品による調剤を行うことが原則化された。

なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのかの画像

ログインして全文を読む