ある日、基幹病院の看護師さんから、こんな電話がありました。「まだ確定ではないのですが、退院後、自宅療養を希望されている、癌末期の患者さんがいらっしゃるのです。CADD Legacy(輸液ポンプ)を使用しているのですが、対応していただけますか」。

在宅輸液の調剤依頼が舞い込んだ!の画像

ログインして全文を読む