DI Onlineのロゴ画像

大規模停電を経験して考えたこと

2018/10/17
大規模停電を経験して考えたことの画像

 このたびの北海道胆振東部地震において、被災された多くの関係各位並びにご家族の皆様に、改めて心よりお見舞い申し上げます。当然ですが、完全に開局ができないからといって、薬局に行かなくてもいいというわけではありません。冷蔵庫にはバイオ医薬品を含めた注射薬も入っていましたので、比較的自宅が近いスタッフが、クーラーボックスと保冷剤を持参して対応してくれることになりました。一方、家が遠いスタッフは早く家を出ていたため、私のLINEでの指示が間に合わず、通常通り出社していたケースもありました。

著者プロフィール

堀籠淳之(中央薬局[北海道旭川市])
ほりごめ あつし氏 北海道旭川市生まれ。東京薬科大学卒業後、同大学の大学院に進学し、薬学専攻博士課程を修了。1999年に旭川に戻って父親が経営する中央薬局に就職し、2010年に代表取締役に就任。本人のブログ「旭川の薬剤師道場」も好評連載中。

連載の紹介

堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」
博士号を持ち、薬局経営者になった今も、自らを厳しく律して精進に励む“武闘派”薬剤師の堀籠氏。積極的に参加している勉強会や研修会で仕入れたホヤホヤの医薬品情報・医学的知識や、日常の薬局業務の中で感じた疑問、薬剤師や薬業界に対するメッセージなどを熱く綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ