平成という時代が幕を下ろそうとしています。街の薬局も、時代とともに大きく変化してきました。国は、薬局の機能によって、地域で連携し服薬情報の一元的・継続的管理を担う薬局、医療機関と密に連携し高度薬学管理を行う薬局といったことが分かるように、法律を改正しようとしています。

 これから、どのような薬局の姿が見られるようになるのでしょうか。地域住民の方々や薬局関係者と話をしていると、期待も、そして不安もあるようです。

平成が終わる今、昭和の薬局に学ぶの画像

ログインして全文を読む