DI Onlineのロゴ画像

これからの薬局のあり方を考えるヒント

2021/05/04

 薬局や薬剤師を取り巻く環境は大きく変わってきています。6年制薬学教育はもとより、調剤報酬改定や、薬機法や薬剤師法の改正、さらには、厚生労働省だけでなく財務省や経済財政諮問会議、内閣府の規制改革推進会議などからの業界に対する指摘が色々と増えている点も、「薬局・薬剤師業界は変わらなければならない」という雰囲気を作り出しているのかもしれません。

 しかし、「どう変わるのか」「どうあるべきか」といった問いに対する答えは、簡単には出てこないと思います。私自身も、大阪で小さな薬局をやってきて、どうあるべきかを考えたときに、15年ぐらい前から在宅療養支援に特化した薬局のあり方を模索したり、OTC薬の販売に取り組もうとしたりと、試行錯誤を繰り返してきました。しかし、なかなか難しかったという記憶がトラウマのように残っています。

 とはいえ、人口動態や疾病構造が変わり、社会保障制度も変わる中で、薬局のあり方はやはり変わらなくてはならない。総論としては、反対する人はいない中で、具体案をひねり出しにくいという方もいるのではないでしょうか。

 私も悶々(もんもん)としていたときに、ふと、「そうか」と思い当たったアイデアがあり、まだまだ粗削りですが、概要は固まってきたので、シェアしておきたいと思います。

著者プロフィール

狭間研至(ファルメディコ株式会社[大阪市北区]代表取締役、思温病院[大阪市西成区]理事長)
はざま けんじ氏。薬局の息子として育ち、大阪大学医学部を卒業して外科医に。2004年、同大学大学院医学系研究科臓器制御外科(博士課程)修了と同時に、実家の薬局を継承。薬局経営を続けながら、医師としては在宅療養診療所勤務を経て、17年1月より思温病院(大阪市西成区)の理事長に就任。薬剤師生涯教育、薬学教育にも積極的に取り組んでいる。

連載の紹介

狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
「日本の地域医療をこれまで以上に機能させるには、薬局・薬剤師が第3世代(=3.0)に進化することが不可欠」という持論を持つ狭間氏。薬局経営者として、時に臨床医として、多忙ながらも充実した日々を送る狭間氏が、日常のちょっとした場面を切り取りながら、次世代の薬局や薬剤師のあり方を発信します。

この記事を読んでいる人におすすめ