物心がついた頃から、当時は何となく、しかし最近では意識的に心掛けていることは「ピンチはチャンス」という考え方です。色々な危機が迫ってくると、「あぁ、もうだめだ」と弱音を吐きたくなるものですが、そんな時に心が折れないようにするためにも、「これは、チャンスかもしれない」と心を切り替えて物事に取り組むことが大切だと考えてきました。

 8月23日に健康保険組合連合会(健保連)から出された「2020年度診療報酬改定に向けた政策提言」を見ると、改めて、「ピンチはチャンス」という考え方が大切だと感じましたので、読者の皆様とシェアしたいと思います。

健保連の提言はピンチ?それともチャンス?の画像

ログインして全文を読む