「住み慣れた地域で最期まで」を掲げる地域包括ケアシステムの実現には、在宅医療の充実が欠かせません。今後の高齢化の進展や地域医療構想の実現に向けた取り組みの中で、さらに在宅医療へのニーズが高まっていくことが予想されるにもかかわらず、現状において在宅医療に携わる医師、看護師、薬剤師、歯科医師という専門職種の人材が圧倒的に少なく、今後も需要を満たすだけの増加は見込めていません。

 私は、この状況を打開するための解決策のヒントは薬剤師にあると考えています。

地域包括ケアシステム実現のキモは薬剤師にありの画像

ログインして全文を読む