何やら、雲行きが怪しくなってきました。いよいよというか、やはりというか、調剤報酬における調剤料が引き下げられる方向が明らかになってきました。 いきなり物騒なテーマで申し訳ありません。

 でも、これからの薬局、薬剤師のあり方を考える上では、極めて重要だと思うので、私自身が考えていることを読者の皆さんと共有しておきたいと思います。ちなみに、この内容は、私個人の全く勝手な考え方で、私が属するいかなる組織や団体の考えではないということを念のため申し添えます。

調剤料の引き下げに備えよの画像

ログインして全文を読む