調剤業務に関する「0402通知」は、薬剤師・薬局にとって、法律でも省令でもなく、通知がもたらすインパクトとしては、過去最大級ではないかと思います。対物業務の重要性は変わりません。しかし、機械化や情報通信技術(ICT)化により、その重要度に対する調剤報酬は見合わなくなっています。一方で、高齢化の進展を背景に、多剤併用、それに伴う有害事象や残薬の問題など、薬にまつわる健康被害や経済負担はますます大きくなってきました。

2020年度調剤報酬改定に今から備えよの画像

ログインして全文を読む