2008年ごろ、私は「薬局3.0」という概念をまとめました。「薬局」というビジネスモデルの変遷を振り返り、OTC薬の相談販売をメインとした昔ながらの薬局を第1世代として「薬局1.0」、現在主流の調剤業務を専業とするいわゆる調剤薬局を第2世代として「薬局2.0」、そして、在宅療養支援に参画し地域包括ケアシステムを支える薬局を第3世代として「薬局3.0」と呼ぶことを提案しました。

薬局3.0、薬局マネジメント3.0、薬剤師3.0の先の画像

ログインして全文を読む