ロボティクスの専門家によると、ロボットには「3要件」があるそうです。それは「Check, Processing, Action」で、状態をチェックし、それを基に評価して、何らかの行動を起こす――というものです。

 例えば、多くの駅で見掛ける無人改札機も、切符やICカードの情報をチェックし、乗車区間や発行日・有効期限と照らし合わせ、OKであればゲートを開ける、NGであればアラームを鳴らします。

 今の薬剤師の仕事は、薬局では特に固定化されてきたように思います。

薬剤師の仕事はロボットでもできるのかの画像

ログインして全文を読む