「かかりつけ」とは何か――。自分自身が、かかりつけ医でありたいと願って仕事をしている中で感じてきたのは、患者さんが何か困った時に「あぁ、狭間先生に相談しなくちゃ!」と思ってもらえるようになりたいということでした。私の外来は、毎週水曜日の午前中ですが、その日を待ちわびて来院され、診察室に入ってくるなり自身が抱えている不安や苦痛を話し始める患者さんは少なくありません。

なぜ「かかりつけ薬剤師」の要件に違和感を覚えるのか?の画像

ログインして全文を読む