講演会や学会の会場などで、色々な薬剤師さんとお話をする機会があります。いわば立ち話程度なので、それほど深いお話はできませんが、その多くの方から伝わってくるのは、「もっとできることがあるはずなのに、できない」というもどかしさや、医師や看護師などの医療従事者や患者さん、その後家族などの薬剤師の認識が、自分のイメージとかけ離れているというジレンマです。

ほんのちょっとした勇気が人生を変えるの画像

ログインして全文を読む