DI Onlineのロゴ画像

医療者なら知っておきたい、iOS8の新機能

2014/09/26

 こんにちは!アップル教信者・原崎です。待ちに待った新型のiPhoneが、2014年9月19日に、ついに発売されました。これまでの「iPhone5S」より一回り大きい「iPhone6」と、二回り大きい「iPhone6 Plus」。皆さんはもう入手されましたか?

 このコラムを書いている時点(2014年9月18日)では未発売だったiPhone6ですが、OSが先に手に入ったのでiPhone5Sにインストールしてみました。あ、OSというのは、「オペレーティングシステム」の略称で、パソコンやスマートフォンを動かす基本ソフトのことです。パソコンの世界では、WindowsとMac OSが2大巨頭ですね。iPhoneを動かしているOSは「iOS」で、バージョンアップするごとに様々な機能が追加されています。で、今回、新型iPhone用の「iOS8」をゲットして使ってみたわけです。

 iOS8に組み込まれた新機能の一つが、ヘルスケアアプリ。血圧などのバイタルデータやフィットネス情報などを一元管理できる機能で、他のアプリとも連動できるとか。とりあえず、アプリを起動してみました。

著者プロフィール

原崎大作(アクア薬局花棚店 管理薬剤師)
はらさき だいさく氏。1976年生まれ。交通事故で右足を失ったことをきっかけに、医療業界で働くことを考え始める。福山大学薬学部卒業後、調剤薬局、病院勤務を経て、2007年よりアクア薬局花棚店(鹿児島市)に勤務。趣味はインドア系で、ヘンなものに目がない。

連載の紹介

原崎大作の「ガジェット!な日々」
薬剤師界屈指のパソコンマニアで、ちょっとイケてる小物や文房具、パソコンソフトなどの「ガジェット」が大好きな原崎氏が、日常業務や在宅の現場などで役立つ選りすぐりのガジェットを紹介します。ご意見・ご質問は記事の下のコメント欄にお寄せください。

この記事を読んでいる人におすすめ