DI Onlineのロゴ画像

院内の薬剤管理、今一度見直しませんか?

2020/10/26

 皆さんこんにちは。浜松医科大学医学部附属病院薬剤部教授・薬剤部長の川上純一です。最近、多くの薬剤や医療関係者からフォーミュラリーやジェネリック医薬品・バイオシミラー使用促進について質問をいただきます。この連載では、浜松医科大学病院薬剤部における薬剤管理の考え方や工夫について紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 連載第1回目となる今回は、当院でフォーミュラリーを先駆的に導入するまでの背景と、薬剤管理の必要性についてお話しします。

連載の紹介

浜松医大薬剤部の「薬剤管理、ここがポイント!」
病院における医薬品の採用・購入や、品質・在庫管理を担う医薬品管理業務は、診療機能を支える重要な業務です。医薬品を評価・選択する際の考え方、診療科医師や関係部門との協議・コンセンサス作り、医薬品を通した地域医療連携の進め方などについて、浜松医科大学医学部附属病院の事例を交えて紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ