DI Onlineのロゴ画像

【漫画】ゼリーで薬を飲んでみたら

2018/10/23

 ピロリ除菌物語、続きます。前回(ピロリ除菌で大変!)は抗菌薬の副作用の話をしましたが、今回はの服用についての話です。

 実は私、薬剤師なのに大きい薬を飲むのが苦手なのです。小さい錠剤なら問題ないのですが、ロキソニン(一般名ロキソプロフェン水和物)サイズくらいになると、たまに喉に引っ掛けてしまい、多くの水を飲んでしっかり流し込む感じで飲まなければいけません。

 しかし、今回処方されたピロリ除菌薬のボノサップ(ボノプラザンフマル酸塩・アモキシシリン水和物・クラリスロマイシン)は私の大敵であるカプセル!一度に3カプセルなんて飲んだことがなく、3カプセルと2錠を全部飲むのにコップ2杯くらい水を飲んでいました。

 3日目には副作用の下痢でおなかが緩いのに、水をたくさん飲まないといけないと思うと、かなり憂鬱な気分でした。そんな時、ふと「ゼリーを使ってみよう」と思い付きました。服薬補助ゼリー(いわゆるお薬ゼリー)は、どちらかといえば子どもや高齢者が使うイメージですが、少しでも服用が楽になればと思い、使ってみることにしました。

 これで上手に飲めるようになったのでしょうか?続きは4コマ漫画で。

著者プロフィール

マミコ。現役ママ薬剤師。総合病院、ドラッグストア、診療所勤務を経て、現在は薬局でパート勤務中。子どもは娘1人で、現在小学生。機会を見てフルタイムで働きたいと考えている。知り合いに「かめばかむほど味が出るスルメみたいな人だね」と言われたことがある。

連載の紹介

ガンバレ薬剤師
薬剤師マミコの日常を4コマ漫画にしました。薬局やドラッグストア、病院などで経験した、うれしかったこと、びっくりしたこと、ちょっとつらかったことなど、薬剤師の“あるある”をお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ