DI Onlineのロゴ画像

【漫画】ピロリ除菌で大変!

2018/10/01

 皆さんは健康診断を定期的に受けていますか?私は今年から、勤務先が加入している協会けんぽの健診対象年齢になったので、協会けんぽの健診を受けてみました。

 これまでも年1回は勤務先の健康診断を受けていたのですが、協会けんぽの健診では胃の内視鏡検査(胃カメラ)が追加されていたので、約10年ぶりに胃カメラにチャレンジしました。その結果、胃の一部分に慢性的な胃炎があり、ピロリ菌感染の疑いが…。抗体検査を勧められたので受けてみたところ、見事に「陽性」でした。

 陽性の結果が出た翌日、内科でボノサップパック(一般名ボノプラザンフマル酸塩・アモキシシリン水和物・クラリスロマイシン)を処方してもらいました。ピロリ除菌では、プロトンポンプ阻害薬(PPI)と2種類の抗菌薬を一度に飲みます。しかも、アモキシシリンが普通のかぜで処方される量より多く、1回750mg(3カプセル)を1日2回です。こんなに多くの抗菌薬を服用するため、最も多い副作用として「下痢」が報告されています。

 普段私は便秘傾向で、おなかが緩くなった経験はほぼありません。食中毒で嘔吐しても下痢はしない、頑固なおなかをしているため、服用前はおなかのことなんて全然気にしていませんでした。……本当に私のおなかは大丈夫だったのでしょうか?続きは4コマ漫画で。

著者プロフィール

マミコ。現役ママ薬剤師。総合病院、ドラッグストア、診療所勤務を経て、現在は薬局でパート勤務中。子どもは娘1人で、現在小学生。機会を見てフルタイムで働きたいと考えている。知り合いに「かめばかむほど味が出るスルメみたいな人だね」と言われたことがある。

連載の紹介

ガンバレ薬剤師
薬剤師マミコの日常を4コマ漫画にしました。薬局やドラッグストア、病院などで経験した、うれしかったこと、びっくりしたこと、ちょっとつらかったことなど、薬剤師の“あるある”をお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ