2018年9月、血糖値を下げる働きを持つ膵臓ホルモン「インスリン(ヒューマリンR)」を小児患者に過剰に投与するという「医薬品投与時のエラー(Medication Error)」報道がありました。報道されている内容と医療機関ホームページ上の公開情報(2018年10月10日確認)から事例の概要をまとめると、次のようになります。

「インスリンを過剰に投与した」事例から学ぶの画像

ログインして全文を読む