2018年6月、肝機能検査値の異常に気付かずに抗がん薬スチバーガ(一般名レゴラフェニブ水和物)の投与を続け、患者が死亡するという「Medication Error」(医薬品投与時のエラー)報道がありました。

「検査値異常に気付かず死亡」から学べることの画像

ログインして全文を読む