DI Onlineのロゴ画像

糖尿病の患者指導は食文化を知ることから始まる

2014/09/04

 前回のMed Checkという制度の紹介に引き続いて、カナダの薬局事情を紹介します。 カナダには糖尿病教育者という資格制度があります。この資格は糖尿病を扱う医療従事者(医師、看護師、栄養士、薬剤師等)で、職務経験が800時間以上になると受験できるようになります。この資格があると、糖尿病患者向けの勉強会などで、血糖値、HbA1cなどの測定方法、測定値の読み方、生活習慣へのアドバイスなどが行えるようになります。

著者プロフィール

マイルバガナム恵美(カナダ・オタワ在住)
まいるばがなむえみ氏。1995年神戸薬科大学卒業、2004年まで薬局勤務。05年にカナダで薬剤師免許を取得後、薬局勤務。12〜15年は日本で薬局に勤務し、15年夏にカナダに戻る。カナダ糖尿病教育者。15年に『カナダで薬剤師になる!』をアマゾンKindleストアで出版。

連載の紹介

マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
日本の薬局で働いていたときにカナダ人留学生と出会って結婚したマイルバガナム氏。ご主人とともにカナダに渡り、薬剤師免許を取得してカナダの薬局に勤務していましたが、ご主人の仕事の関係で一時帰国し、日本で薬剤師として働いていました。現在はカナダに戻り、両国の薬局の勤務経験を持つ同氏が、カナダでの免許取得の苦労話や、カナダの薬局での体験談や医療事情などをつづります。

この記事を読んでいる人におすすめ