DI Onlineのロゴ画像

5月号特集は「点検!高血圧」
「歴史的転換点 どうなる?調剤業務」の特集も

 「日経ドラッグインフォメーション プレミアム版」に掲載されている全ての編集記事をスマホやタブレットでお読みいただけるようにした日経DIデジタル2019年5月号を公開しました。

 5月号の目次はこちらをご覧ください

 5月号特集は「処方意図から患者指導まで 点検!高血圧」です。今年4月、5年ぶりの改訂となる高血圧治療ガイドライン(JSH2019)が公表されました。特集では、患者の個別性を重視しつつ、厳格な血圧コントロールの重要性を強調しているJSH2019のポイントを解説しました。さらに降圧薬処方の考え方をおさらいするとともに、家庭血圧測定のポイントや患者の生活習慣改善を促す効果的な働き掛けについてまとめました。

 もう1つの特集は「歴史的転換点 どうなる?調剤業務」です。厚生労働省が2019年4月2日に発出した通知「調剤業務のあり方について」(関連記事:「厚労省、非薬剤師でも可能な調剤業務を明示」)について、これまでの経緯を振り返るとともに、業界トップや現場、識者は通知をどのように受け止めているのか、そして今後、薬局業界がどう変わっていくと考えているのかをまとめました。業界トップや現場、識者のインタビュー記事は、DI Onlineで詳報していますので、こちらも合わせてお読みください。

 Interviewは、厚生労働省医薬・生活衛生局長の宮本真司氏にご登場いただきました。医薬品医療機器等法(薬機法)等改正案、「調剤業務のあり方について」の通知、そして40枚規制(院外処方箋1日平均40枚につき薬剤師1人以上を配置する規制)を含め、国は薬剤師・薬局に何を求め、どのような施策を打ち出そうとしているのか聞きました。

 プレミアム版のスキルアップ講座は、4月号からスタートした「一歩踏み込む 妊婦・授乳婦の服薬指導」「ケースで学ぶ OTC 薬のすすめ方」のほか、「早川教授の薬学管理スキルアップセミナー」「医師が語る 処方箋の裏側」「薬の相互作用としくみ」「ヒヤリハット事例に学ぶ」「漢方のエッセンス」を掲載しています。

 また、毎号おなじみの「薬局なんでも相談室」「Inside Outside」「社長はつらいよ」もお楽しみください。

連載の紹介

こちら日経DI編集部
DI Onlineは、薬局薬剤師向け雑誌『日経ドラッグインフォメーション』、略して『日経DI』の編集部が運営しています。本コラムでは、編集部からのお知らせや最新号のお知らせ、オススメ記事、アンケートのお願いなど、種々雑多な記事を掲載してしていきます。編集部へのご意見・ご要望などは、記事下にある「コメントする」からお願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ