DI Onlineのロゴ画像

骨粗鬆症の予防
カルシウムはビタミンDやクエン酸と一緒に摂取

2016/05/09
構成:内海 真希=日経ドラッグインフォメーション
カルシウムはビタミンDやクエン酸と一緒に摂取の画像

骨の健康に関わる栄養素として、カルシウム(Ca)が重要であることはよく知られています。日本人の成人1日当たりのCa推奨量は650~800mg。2014年「国民健康・栄養調査」によると、日本人のCa平均摂取量(20歳以上)は490mg/日と、推奨量を満たしていない状況にあります。骨粗鬆症治療において、Ca単独では有効性のレベルは低いとされますが、様々な骨粗鬆症治療薬の効果をより高めるための基礎的な栄養素として、Caは重要です。

連載の紹介

こちら日経DI編集部
DI Onlineは、薬局薬剤師向け雑誌『日経ドラッグインフォメーション』、略して『日経DI』の編集部が運営しています。本コラムでは、編集部からのお知らせや最新号のお知らせ、オススメ記事、アンケートのお願いなど、種々雑多な記事を掲載してしていきます。編集部へのご意見・ご要望などは、記事下にある「コメントする」からお願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ