DI Onlineのロゴ画像

2014年DI Online閲覧トップ100発表!第1位は…
お薬手帳の記事多数、妊婦・授乳婦関連も上位に

 2014年のDI Onlineで、どんな記事が読まれたのでしょうか。アクセスが多かった記事のトップ100をご紹介します。

 【第1位】は、人気コラム「熊谷信の『薬剤師的にどうでしょう』」の「『お薬手帳はやっていません』の病医院に物申す!」でした。

 このほか、お薬手帳関連の記事は【第9位】【第16位】【第52位】【第64位】【第80位】にランクインしています。14年4月の調剤報酬改定で、薬剤服用歴管理指導料に、お薬手帳に関する算定要件を満たさない場合の点数(34点)が新設されたことを受けて、「一部負担金をより安く」と考える患者に、いかにお薬手帳を持参してもらうかが、現場の薬剤師の大きな関心事だったといえます。

 【第2位】と【第3位】は、妊婦・授乳婦の服薬指導に関してでした。

【第2位】 平野道夫の「薬局手習指南所」(12/3)
添付文書上の「授乳を避けさせることが望ましい」は本当に授乳回避か?

【第3位】 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」(9/3)
頭痛の時、授乳中のお母さんは何を飲んだら良いんだろう?

 妊婦・授乳婦に関しては、【第34位】にトレンド「妊婦に慎重投与の漢方薬一覧表を活用」、【第97位】にトレンド「ケトプロフェン外皮用薬、妊娠後期女性で禁忌に」がランクインしています。薬局で妊婦・授乳婦から質問を受けた際に、どのような対応をすべきか、情報を必要としている薬剤師が多いことが示されました。

 また、2014年の話題といえば、薬剤師国家試験の合格率です。

【第11位】 古川裕之の「STOP!メディケーションエラー」(4/4)
2008年私大入学者、2人に1人しか薬剤師になれず……

【第15位】 トレンド(DIオンライン)(3/31)
2014年の薬剤師国家試験の合格者を発表

 このほか、【第5位】に「日本薬学生連盟の『薬学生の主張』」の「国試に通りさえすれば同じ薬剤師」って、本当ですか?がランクインしています。

 読み逃した記事はないでしょうか。また、以前に読んで面白かった記事、ためになった記事をもう一度読み返し、改めて2014年を振り返ってみてはいかがでしょうか。


連載の紹介

こちら日経DI編集部
DI Onlineは、薬局薬剤師向け雑誌『日経ドラッグインフォメーション』、略して『日経DI』の編集部が運営しています。本コラムでは、編集部からのお知らせや最新号のお知らせ、オススメ記事、アンケートのお願いなど、種々雑多な記事を掲載してしていきます。編集部へのご意見・ご要望などは、記事下にある「コメントする」からお願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ