DI Onlineのロゴ画像

薬局虎の巻シリーズ『服薬指導のツボ虎の巻(改訂版)』発売!

薬剤師の皆さん、服薬指導のスキルを磨くのにどんな参考書を使っていますか?

「この薬はどんな薬と相互作用するんだっけ」
「飲んだときにどんな症状が出たら注意するよう言えばいいかな」

日常業務でそんな風に感じることは多いと思います。でも文献や添付文書を詳しく読みこむ時間はないし、かいつまんで重要な部分の要約を知りたい。そんなご要望にお答えするのが『服薬指導のツボ 虎の巻』。4年前に発刊したこの書籍の改訂版が、12月16日に発売となりました!

本書は、『日経DI』誌の連載「くすりの相互作用と仕組み」でおなじみの杉山正康先生が、服薬指導時に必要な情報を、ご自分の経験を基に体系立ててまとめ、疾患ごとに整理した実用書です。

実際の業務で行う手順に沿って、禁忌疾患の確認、薬物相互作用の確認、疾患や薬の作用についての説明、服用時の注意事項といった、服薬指導時の要点を解説しました。薬について全部を知らなくても、忘れてはならないツボを押さえられます。杉山先生が長年の経験から「ここ試験に出ますよ」と教えてくれるようなもので、手放せない“参考書”となるはずです。

初版も好評を得ていましたが、新たに6つの疾患(インフルエンザ、虚血性心疾患、過活動膀胱、便秘、不眠症、認知症)を追加して大幅にパワーアップ。既収載の疾患についても、新薬の情報を盛り込んでアップデートしました。ページ数は前回の268ページから438ページに大増量しています。

連載の紹介

こちら日経DI編集部
DI Onlineは、薬局薬剤師向け雑誌『日経ドラッグインフォメーション』、略して『日経DI』の編集部が運営しています。本コラムでは、編集部からのお知らせや最新号のお知らせ、オススメ記事、アンケートのお願いなど、種々雑多な記事を掲載してしていきます。編集部へのご意見・ご要望などは、記事下にある「コメントする」からお願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ