DI Onlineのロゴ画像

注射薬から内服薬まで
尿路感染症への抗菌薬、経過ごとにどう変える?

2020/03/05

 前回のコラムでは、AST(抗菌薬適正使用支援チーム)専従薬剤師の日々の業務について紹介しました。今回からは経験に基づいた仮想症例を基に、ASTがどのように抗菌薬の選択や治療期間の選定、そして主治医への治療提案を行っているかを紹介していきたいと思います。

著者プロフィール

総合病院聖隷浜松病院(静岡県浜松市)薬剤部のメンバーが交代で執筆します。

連載の紹介

抗菌薬はAST専従薬剤師にお任せを!
抗菌薬適正使用支援チーム(AST)専従薬剤師は、各診療科の医師が抗菌薬を処方する際、患者に最大限の効果をもたらし、かつ耐性菌の発生や蔓延を防ぐために、日々、適切な抗菌薬選択の支援を行っています。どのように抗菌薬を選択し、投与期間を考えているのかを、症例を基に紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ