DI Onlineのロゴ画像

在宅訪問時の装備一式を公開します!

2017/06/14

 はいっ!どーも!!連載もついに10回目を迎えました!

 まずは、こんな駄文にお付き合い頂いている読者様にお礼を申し上げます。そして原稿を記事化してくれる担当編集様、いつも大変だと思いますがこれからもよろしくお願いいたします。

 さて記念すべき10回目は、私の在宅バッグの中身、つまり在宅訪問時の装備一式を公開しちゃいます!

 まずは在宅バッグ(写真1)。シンリョウ(東京都豊島区)で販売している「在宅医療バッグ」を使っています。医師用の往診バッグはいろいろあるのですが、薬剤師向けのバッグで手頃なものがなかなか見つからないな~といろいろ探していました。そんなとき、シンリョウの営業さんにお薦めされてそのまま使っています。

著者プロフィール

新井翔(新井商事[東京都豊島区]取締役社長・exceed[大阪府八尾市]執行役員)あらい しょう氏 2007年城西大学薬学部卒業後、みよの台薬局(東京都北区)に入社し薬剤師1年目から在宅業務に携わる。田辺薬局(東京都中央区)、雄飛堂(東京都北区)勤務を経て、19年4月より現職。日本在宅薬学会評議員も務める。

連載の紹介

新井翔の「I love 在宅」
「在宅」に取り組もうとしたものの、現場の厳しさに心が折れそうになっていませんか?薬学部を卒業してから10年以上、在宅医療に体当たりで取り組んできた薬剤師の新井翔氏が、在宅医療の厳しさや喜びを現場からお伝えします。

この記事を読んでいる人におすすめ