DI Onlineのロゴ画像

特養、老健、老人ホーム、サービス付き…
「施設」ってこんなに種類があるの!?

2017/04/25

 はいっ!どーも!!施設の種類によって算定できるものが異なることに、何年経っても混乱する新井です!

 前回は、在宅医療に最近デビューした同級生のヒデ君に、医療保険と介護保険の違いを説明しました(前回記事:この在宅患者は介護保険?医療保険?)。そんなヒデ君に今回は、同一建物の中でも俗に言う「施設」について話をしてみました!

新井「今担当してもらっている『特養』なんだけど、正式名称分かる?」

ヒデ「特別養護老人ホームでしょ?」

新井「それはさすがに分かってるか(笑)。じゃあ、『老健』は?」

ヒデ「あーあれでしょ?知ってる知ってる!えーっと、何だっけ?」

新井「介護老人保健施設ね!じゃあ特養、老健以外にどんな施設があるか知ってる?」

ヒデ「有料老人ホームグループホーム。あとはケアハウスとかサービス付きなんちゃら」

新井「サービス付き高齢者向け住宅

ヒデ「あーそうそう、サービス付き高齢者向け住宅。他は…えっと……」

新井「もうすぐ後輩もできるから、きっちり把握しないと」

ヒデ「そうね!ちょっと勉強し直します!!」

新井「医療保険と介護保険で規定される『施設』をざっと挙げるとこんな感じだよ」

著者プロフィール

新井翔(つなぐ薬局[千葉県柏市]地域医療連携室室長、新井商事[東京都豊島区]取締役)あらい しょう氏 2007年城西大学薬学部卒業後、薬剤師1年目から在宅業務に携わる。20年5月より現職。日本在宅薬学会評議員も務める。

連載の紹介

新井翔の「I love 在宅」
「在宅」に取り組もうとしたものの、現場の厳しさに心が折れそうになっていませんか?薬学部を卒業してから10年以上、在宅医療に体当たりで取り組んできた薬剤師の新井翔氏が、在宅医療の厳しさや喜びを現場からお伝えします。

この記事を読んでいる人におすすめ